So-net無料ブログ作成
検索選択

獲らぬ狸のブルーベリー [緑の指]

挿し木して栽培を始めたブルーベリー。何度か枯らしたので最初からの順調成長木、何度目かの挿し木による復活木、買い足した苗木の新参木(とはいえ2年目)の3本がベランダに暮らしています。新参木は、昨年の春に順調木が早々に花を付けたのに復活木には蕾の兆ししかなく慌てて買い求めたという経緯。挿し木の方はまだ若いので花もほとんどつかなく終わり、結局どれもほとんど実をつけることなく終了。というわけで、今年こそはたくさんの実りを期待してたんですが…。 なんなの、このビミョーな開花時期のずれ。ご存知の方も多いと思いますがブルーベリーは違う種の花が無いと実りにくい性質。つまり1種だけ花盛りではダメなのです。あんなに花が咲いたけど、今見ると結実はほんの少し。うーーん、ゴーヤの時も受粉のタイミングって難しいと思ったけどそれ以上に難しい。自前のブルーベリーをふんだんに入れたチョコケーキを作れるのはいつなんだろう。
170525_1617~01.jpg
nice!(3) 

君の名は… [緑の指]

今年も朝顔の種を蒔く季節だ、ということで半年ぶりのプランターに目をやると…。なにやら雑草とは思えない風情の芽が2本伸びていた。こんなモノ以前にも育てた記憶なし。時々小鳥とかカラスとかがウ〇チを落としていくのでそこから芽が出たのかしら?でもちょっと離れて2本同じものが生えてくるってなんでだろう。台風の時に種が運ばれた?ともあれ何の芽が出たのか分からない。しばらくは育てて様子を見ることにしよう。
170507_1557~01.jpg
nice!(2) 

夏の自由研究 [緑の指]

台風が来るたび棚をたたんで避難させる、というのが面倒でゴーヤを作らなくなった頃から朝顔を栽培するようになりました。今年は8本。ピンクと青を半々に種まきしたと思ったのに7本が青。どうやら種をごっちゃに保存してしまったみたい。青ばかりが咲いていると昨年まではそれほど気にならなかったことが目についてきます。それは青花の色変わり。
朝は紺色なのです。
160729_0836~01.jpg

ところが午後になるとどんどん赤色が強くなってきて赤紫に。そういえば蕾も同じ赤紫なので咲き始めるまではエンジ色の花が咲くものとばかり思っていました。
160728_1711~01.jpg

これは来年は違う感じの青色のも栽培してみなくちゃ。オバちゃんになってやっと自由研究に熱心になりました。遅っ。
nice!(0) 

今年の朝顔 [緑の指]

朝顔、今年でたぶん3年目。今年は成長が早いしパワフル。まず芽を出した時期からして気合入ってるし。いつも5月近くになってやっと「植付け用の土を用意しなくちゃなあ」と動き出す私。ですが今年は4月の中旬ごろには昨年のままにしておいたプランターから丸々太った(としか言いようのないしっかりした)双葉が登場!昨年一向に芽を出さなかった「白地紅色芯」が満を持しての発芽。昨年咲けなかった欲求不満が今年の爆発的な開花になっているような。そしてその白花のパワフルさに新人のあずき色、空色も刺激されてこちらも「爆咲」状態。夏の中盤過ぎに出ていた脇芽も最初からバンバン発芽させるので(初めは摘み取っていたけれど追いつかなくなりました)蔓が何重にもグルグル巻きになって、それにもまたたくさん蕾を付ける付ける…。追肥はしてあげるけど、キミらそんなに咲いちゃって息切れしないの?
PA0_0432.JPG
nice!(0) 

黴雨 [緑の指]

毎日毎日よくも降り続くものよ。イタリアンパセリの葉っぱが白っぽいのはカビ?さすが黴雨。風船蔓の葉っぱも様子が変になっている。お気の毒なのは朝顔。いつもは8月ごろに咲き始めるのが、今年はもういくつも蕾を付けてどんどん咲いているっていうのに。例年の梅雨明けは7月20日ごろ。それまでに植物たちがカビだらけになりそう。
PA0_0424.JPG
nice!(0) 

松葉ボタン [緑の指]

「種を蒔いたらたくさん芽が出たから…」と小さな小さな松葉ボタンの苗を貰って植え替えたのが5月の終わり頃だったような。どんどん大きくなって植木鉢からこぼれてしまいそう。今朝、最初の花が咲きました。小学校の花壇には夏になると必ず咲いていた花。七夕の飾りのような色も可愛かったっけ。これからどんな色の花が咲くのかな。
PA0_0421.JPG
nice!(0) 

3年目 [緑の指]

ばたばたと人形展だのアート展だので右往左往している間にも、3年目のブルーベリーは成長を続ける。1年1年どんどん伸びて大きくなるのでびっくり。3種類あるうちの1鉢が勢い無いので観察したら、土の中にカメムシの幼虫が!あわてて土を入れ替えて植え直し。なるほど樹に勢いがなかったわけだ。背の低い種の鉢は元気いっぱい。実がどんどん色づいてきました。このまま無事に熟してね。
PA0_0414.JPG
nice!(0) 

端っこの栽培 [緑の指]

大根や人参の端っこをお皿に載せて水を張ったら、どんどん葉っぱが伸びてきてしまいました。人参なんかは白いひげ根まで伸ばすし…。端っこまで使い切ってしまえば栽培しなくて済むのについつい小皿に載せて水を張ってしまう。伸びた葉っぱは時々食べてるけど、大根はついに蕾をつけ始めました。花…咲くのかなあ?
PA0_0387.JPG
nice!(0) 

生姜を植えてみる [緑の指]

風邪を引きかけたような予感。蜂蜜レモンに生姜も入れちゃおうかな…とキッチンでガサゴソしていたら小さな紙袋に入れておいた生姜のかけら発見。そうだ、生姜は寒いところが嫌いだと聞いて外に出しておいたんだ(そしてそれを忘れて新たに購入してた)。しなびちゃってて、これはもう駄目かなあ、周りを切り取ったとしても使えるのはごくわずかだなあ…。でも物は試し…と植えてみました。その昔、しなびた長芋の切れ端を植えたら蔓を伸ばしたこともあったし。さて、春になったら芽が出るかな?新たに生姜を収穫できるかな?
PA0_0370.JPG
nice!(0) 

返り咲きというか復活というか [緑の指]

昨年の秋ごろからクチナシの元気がなくなり、今年の春先はこのまま枯れちゃうんじゃないか…といった様子でした。枯れちゃうんだったら緊急手術してみよう!と鉢から抜き出してみたら根がほとんど無い!これじゃ枯れもする…。鉢に対して樹が大きくなっているのが気になっていたので半分に割いて、土も入れ替えてみたところ、何とか6月の花の頃には少しだけど蕾を付け、ほとんど坊主みたいだった葉っぱも、ちまちまと出てきました。なんとか復活してきたなあ、と思っていたら秋を迎えてまた蕾を6個ほどつけました。一昨年あたりだと蕾がついても咲くところまでいかないものが多かったけど今年は全部咲きました。クチナシの甘い香り、これからも毎年楽しめそう。
 PA0_0348.JPG
nice!(2) 

エセメンデルの植物観察 [緑の指]

昨年、紅の絞り、青紫、中心に淡い紅ぼかしのある白、と3種類の朝顔を咲かせてそれぞれの種を収穫しました。今年、その種を全種撒いてみました。しかし水やりに失敗し、種は流れて一塊になって発芽。適度に間を持たせて移植した後、間引いて6本の苗にしました。私としては全種各2本のつもりだったのですが…。6本全部咲いてみると青紫3本、紅絞り3本でした。白はどうなっちゃったんでしょ?全部間引いた?昨年の交配の結果?…これは今年出来た種を来年また撒いてみるべきかしら。似非メンデルとしては気になるところです。
PA0_0322.JPG
nice!(0) 

猛暑襲来 [緑の指]

朝も早よから軽ーく30度を超す日々が始まりました。秋まで生き延びるの、ホントきつそう。今年はゴーヤを栽培していないので蔓モノは風船蔓と朝顔だけ。グリーンカーテンとしては役立たないひょろっぴぃだけど、さすがに夏は大好きと見えてぐんぐん伸びて花を付けだしました。逞しいなあ…。
PA0_0320.JPG
nice!(0) 

伸びる季節 [緑の指]

ブルーベリーはちょっと色づいてきました。昨年あんなに小さかったことを考えるとびっくりするほど成長してます。こりゃホントに「マイブルーベリー農場」できそう。もっと大きなプランターにしないとなあ。
 色々な事がたて続けてあったので、今年はゴーヤを植え損ねました。先週あわてて朝顔と風船蔓の種をまいたら、もう、ボコボコと芽が顔を出しました。種の皆さん痺れを切らしてたんですね。
伸びてゆくものを眺めるのは気分がいい。ブルーベリーにあやかって伸びていきたいなあ、私も。
PA0_0300.JPG
nice!(0) 

もしかして蕾? [緑の指]

昨年の今頃、人差し指ぐらいの長さしかなく、しかも冬の寒さに葉っぱが1枚も残ってなくて心配させたブルーベリー。秋も終わるころからグングン成長し始めてホッとしていました。今また冬の寒さを迎えて葉っぱがどんどん落ちているのですが、この先っぽに群れているのはもしや「蕾」?てことは今年は「マイ・ブルーベリー」を収穫できるかもしれないって事?
PA0_0228.JPG

毎日寒いけど私はずっとお針子生活なのであまり打撃を受けることはありません。ひたすらチクチクと手縫い(やわらかいシルクをミシン掛け出来るほどのスキル無いので)。大して力を入れたわけじゃないのに縫い針がポキンと折れました。縫い針と言えど使い易い物となると決まって来ちゃうのでちょっとがっかり。同じ針、まだ持っていたかな?めったに交換することもないのでどこに仕舞いこんだか探すのも大変です。
nice!(0) 

冬でも成長 [緑の指]

この2,3日風が強くて土を干せなかったけど、風がやんだのでゴーヤを育てた土を広げて干してます。冬なので大した鉢植えはないのだけど、春に植え替えたブルーベリーがぐんぐん大きくなってきました。春先には10センチもないぐらい、葉っぱもほとんどなかったのに夏の盛りを過ぎたあたりから枝がどんどん伸びて根元から新しい枝も出てきました。来年、花が咲くかなあ…。ブルーベリー実るかなあ…。
PA0_0179.JPG
nice!(0) 

晩秋の訪れ [緑の指]

あんなに暑くて上七軒のお人形の頃は気温30度超えていたのにすっかり寒くなりました。例年だと個展に向けて一心不乱に作業している頃なので、ホトトギスなんてほとんど目に停めていませんでした。今年は夏ごろからやけに元気が良くて株は増えるし背丈は伸びるし…。今、開花期を迎え、どんどん蕾をつけています。もう10年以上も育てていて今年は最高の育ちぶり。だけどホトトギスが咲くともうすぐ冬。澄んだ冷たい空気が似合う花。寂しくて静かで、でもほこっと温かい気持ちになる花です。
ほととぎす13.jpg
nice!(0) 

いまさら豊作 [緑の指]

京都へ出陣の支度、ほぼ完了しました。気がつけば10月、私のベランダ農園も秋。朝顔はお花がだんだん小さくなり、でも最後の猛ダッシュで花盛り。植え替えたブルーベリーも小指ぐらいの大きさだったのに売っている苗ぐらいに大きくなりました。…で、ゴーヤ。夏の前半でものすごく実って「母体は大丈夫?」と心配していたら案の定夏の盛りに蔓の成長が止まりました。「まあ、ゆっくり養生しなされ」と肥料をあげていたら9月ぐらいからまた成長し始め、今、鈴なり状態。あのー、私京都に出かけてしばらく留守なんですけど…。帰ってきたら真っ黄色のゴーヤが鈴なりになっていそう。
PA0_0167.JPG
nice!(0) 

朝顔 [緑の指]

「違うものを作りたい」なんてぶつくさ言っていたら、さすが神様、願いを叶えて下さいました。浴衣シャツじゃないけど。作ることになったのは二部式の帯、ゴーヂャスな金襴緞子。でも人形用なんですが。二部式とはいえ帯結び自体が分かっていないので、例のごとく図書館へ。今回は近場でナイスな本を見つけました。それを基に試行錯誤。…やっぱ、難しい…。でも形になってくると楽しい。興が乗って夜遅くまで作業していて、今朝はショボショボの目で目覚めたら「シャキッとしなはれ」と今年最初の朝顔が咲いていました。
PA0_0155.JPG
青い朝顔だと見えたのに裏から日に透けた姿を見ると紫色!その不思議さに頭もすっきり目が覚めました。
PA0_0154.JPG
nice!(0) 

実る気満々 [緑の指]

昨年、素晴らしい実りをもたらしたゴーヤ。今年は同じ高い苗が買えなかったので、ウチにやってくる人々がベランダのゴーヤ苗に気が付くたびに「安い苗だから昨年ほどは期待できないのよ」と言い続けていました。ゴーヤに耳があるかはわかりませんが今この時期からどんどんと実をつけ出したのは「見返してやるわよ!」という意地なんでしょうか。お年頃に成熟したゴーヤ娘を収穫して早速ちゃんぷる作りました。だけどやっぱり長さは昨年の半分ぐらい。これもゴーヤに聞こえるようにつぶやいたら意地で長くなるかな?
PA0_0149.JPG
nice!(0) 

棚から牡丹餅、鉢からトマト [緑の指]

気ばかり焦って空回りな私に構うこともなく、ベランダではゴーヤが子孫繁栄を計画実行し風船蔓は緑の風船を鈴なりに揺らしています。ああ、みんな(植物)自分のことに手いっぱいなのね。極めつけの独立独歩なのがミニトマト。昨年栽培していた鉢の土をそのままにしていたらいつの間にか芽を出しました。トマトって連作障害があるんじゃ?と、ほおっておいたのにぐんぐん大きくなり立派に実をつけ始めました。昨年より実のつき方が良いし成長も早いんじゃないかい?実生は苗に劣るって聞いていたけど元手ナシでこりゃ上出来。どんどん赤くなってね。
PA0_0148.JPG
nice!(0) 

風船蔓も発芽! [緑の指]

ゴーヤの苗を植えた頃に蒔いた風船蔓の種も無事全員発芽しました。発芽しないのもあるかも、と多めに蒔いたら脱落者も無く全て発芽。…困ったなあ、間引きしなくちゃならないけど、どれもみんなカワイイし選べない…。
昨年の私の個展会場から風船蔓の種をお持ち帰りになった皆様、もう蒔きましたか?お手元にキープしたままの皆様、今が蒔き時ですよ~。
PA0_0132.JPG
nice!(0) 

グリーンカーテン準備完了 [緑の指]

昨年の大豊作に味をしめて今年も価格の高い苗を買おうと思ったのにタイミングが悪いのか見つけられませんでした。では例年通りの一苗198円を植えましょう。さて1週間前から元肥やらなんやらブレンドして植えつけるばかりにしておいた栽培用土に、じゃじゃーん、植えましたー!今年もグリーンカーテンでなんとか夏を乗り切るぞ!新しい料理法も見つけるぞ!
PA0_0127.JPG
nice!(0) 

野望の芽生え [緑の指]

昨年の夏に実のついたブルーベリー3種を枝ごと頂きました。「疲れ目に効きますよ」というメッセージとともに「挿し木してみてください」という一言が。えー、ブルーベリーって一般人にはハードル高いんじゃないの?と思いつつもネットで調べて挿し木。しかし昨年の夏はむちゃくちゃ暑かったし冬も寒かった…。根付くまで2,3か月かかるというし大丈夫?と不安でしたがまず2種が桜の頃芽を出しました。もう1種はダメかとあきらめていたらやっと芽が。生徒さんが以前住んでいた家の庭でも植えていたそうな。一般の家でも栽培しているものなのね。よーし、マイ・ブルーベリー農園つくっちゃお!と野望も芽を出しました。
PA0_0104.JPG

nice!(0) 

遅れ馳せ? [緑の指]

暑い暑い残暑の期間中は花が咲いても実が生らなくて『もう抜いちゃおうかなー』とあきらめていたミニトマト。涼しくなったころからまた葉っぱが元気になってきて花が咲きだしました。花が咲いても実が生らないんじゃなあ…。ところがもう11月も中旬だっていうのに実が生りだしました。トマトってあんまり暑いのはニガテだったのかしら。でももうちょっとで12月。熟すところまで行き着くのかしら。今、ミニトマトが高値なので期待して待っています。
PA0_0059.JPG


nice!(0) 

さらば、蔓モノ [緑の指]

ここまで秋めいてくると、さすがにゴーヤ、風船蔓、朝顔といったラインナップは寒そう。真夏の元気さはないけどまだ細々と花は咲いている…。けど寒そう。意を決して刈り込みました。でも、さっぱりしちゃったベランダはさらに寒そう。
PA0_0056 (2).JPG


nice!(0) 

2度咲き [緑の指]

8月初旬に「あれ?これって蕾?」と不審に思いつつ見守っていたクチナシ。どんどんつぼみが増えて行って、形も整っていって「また咲くの?!」とびっくりしたけど世間ではままあることみたい。せっかくたくさん蕾が付いたのにぽとぽと落ちちゃうのでまたあわてて調べると根詰まりしているらしい。一回り大きい鉢を買ってきて植えなおしてみるとつぼみの落下が収まり、今日最初の2度咲きの花が開花しました。やってきた生徒さんもびっくり。思いがけず良い香りをまた楽しんでいます。
PA0_0043.JPG
nice!(0) 

暑いの大好き! [緑の指]

…そうでしょうね、暑いの大好き!でなくて何でここまで大きく育つもんですか。ウチのゴーヤ娘、今日収穫した子は30センチ超え!!人間でいえばバレーボールアタッカーか?つい先日、2本友人にゴーヤを貰ってもらったのに、まだ冷蔵庫には1本しまってあるのに…。週に2回ゴーヤを料理している気がする8月。まだまだゴーヤ達の気力に衰えはないようで、チビ達が次々に揺れ続けています。あまりに大きな娘なのでお裾分けすると「作るの上手いね!」と褒められますが、私の努力というよりゴーヤのやる気が凄いんだと思います。
PA0_0038.JPG
nice!(0) 

あさがお [緑の指]

今年は蔓ものの栽培が多くなりました。ゴーヤ3本、風船蔓3本、そして朝顔一鉢。朝顔…小学生の時以来だわ、育てたのって。あ、でも小学生の時はいつの間のか枯れていて提出できなくてとっても焦ったっけ。というより、芽、出たんだっけ?苦い思い出の朝顔も大人になった私ならもう大丈夫(もう咲くばかりになっているのを貰ったんだけど)。大輪のエンジ色の朝顔。これはラッパ部分に切れ込みが入っています。江戸時代空前の朝顔ブームが起こってかなり変わった咲き方の朝顔が開発されたとかで、木版画でそれらを図鑑にした古書を見せてもらったことがあります。こういうガラパゴスなところが日本人の血なんですね。
PA0_0033.JPG
nice!(0) 

ゆらゆら [緑の指]

ちまちま咲いていた風船蔓の花はいつの間にか緑の風船をいくつもぶら下げていました。こんな目立たない場所なのに、足長蜂みたいな(どう見てもミツバチではない)蜂が毎日丁寧に全部の花をチェックしていたので実りのお仲人は彼なのでしょう。風に揺られる緑の風船…。暑さを忘れるなあーって、しまった、ぼんやりしている間に海の日になっちゃった!作業しなくちゃ!
PA0_0023.JPG
nice!(0) 

ゴーヤ狩り [緑の指]

台風を乗り越えたゴーヤ娘に収穫の時が来ましたー!近くに住んでいる友人に連絡したら「食べる~」とお返事貰ったのでゴーヤ狩りに招待(っていうほどのものでもないか)。キッチン鋏で熟れ熟れのゴーヤ娘を2こ切り取ってもらいました。もう少しで熟れ熟れかな?という娘もあと2個あったので、これは自分用に収穫。ヒトが食べたい、っていうのを聞くと自分も食べたくなるのよ。まだゴーヤ棚には1週間ほど育てた方がいい娘が2個、2週間かかりそうなのが3個揺れています。その後は台風の被害で女の子花がつかなくなっちゃったので、しばらくは蔓の体力をつけることの方に専念です。
PA0_0018.JPG


nice!(0)