So-net無料ブログ作成
検索選択
ア−トとの遭遇 ブログトップ
前の30件 | 次の30件

アルメニア文化週間展追加情報 [ア−トとの遭遇]

追加…というか、訂正と言うか…。初日19日の3時から5時の間はオープニングレセプションがあるのですが、これは関係者のみの参加で、一般の方は会場にも入れないのだそうです。もし19日にアルメニア文化週間展をご覧になるおつもりの方は、5時以降からになってしまいます。こんな情報がこんな後出しになってしまい、ごめんなさい。
PA0_0401.JPG
nice!(0) 

アルメニア文化週間展のお知らせ [ア−トとの遭遇]

「アルメニア文化週間」ということで、アルメニアのアーチストたちの作品や子供たちの絵、写真等々と共に日本の作家たちの作品も展示し交流する…というアート展に声をかけて頂きました。期間はエコールドシモン展とほぼ重なるので、両方楽しんでいただけたら。アルメニア…の会場は代官山なので、これはこれでお散歩も楽しい場所ですし。
●アルメニア文化週間
期間:5/19(火)~24(日) 9:00~21:00(19日は14:00から。15:00からオープニングセレモニーあり)
会場:代官山ヒルサイドテラスF棟
PA0_0399.JPG
なんとまだDMが出来上っていないので先日の「アルメニア人映画の夕べ」のパンフレットで代行。私はパラジャーノフの「ざくろの色」を見てきました。…何層にも何層にも重ねられた思いが閉じ込められているけどそれを饒舌に語ることはしない映画でした。
nice!(0) 

金子國義さん [ア−トとの遭遇]

ラジオのニュースで金子國義さんがお亡くなりになった事を知りました。金子さんはシモン先生のお友達なので、シモン先生の関係のパーティーでは良くお見かけしたし教室にもたまに遊びに来ていました。15年ぐらい前パーティーで向かいの席に座っていらした時に(既にほろ酔い状態でしたが)ふと私に目をとめて「せっかく小顔なのにメイク魂に火が点いてない!」と言ったかと思うとお隣に座っていた女優さんから筆タイプのアイライナーを借りて私の顔に眉やら目張りやらをカキカキと描きはじめました。『しょうがないなあ…』とするがままにしていたのですが、さすがに唇まで墨で塗り始めたので逃げてしまいました。そんなことがあった金子さん、綺麗な顔立ちで無邪気でとても魅力的な方でした。
PA0_0385.JPG
nice!(0) 

ありがとうございました [ア−トとの遭遇]

アルメニア交流展の最終日。合気道の演武やお能などが披露され、賑やかに和やかにクロージングセレモニーは盛り上がりました。ほかの分野の作家さん達ともお互いの作品を前に、解説したりされたり、色々な情報交換をしたり…。アルメニアの作家さん達ともお話したかったけど、やっぱり言葉が通じないのは何とも歯がゆいものです。
色々なアートが一堂に会していて見ごたえがあったと思うのですが、わざわざ横浜まで見に来て下さった皆様、どうもありがとうございました。
PA0_0384.JPG
nice!(0) 

アルメニア交流展始まりました [ア−トとの遭遇]

会場となるヨコハマ都市創造センターとはこんなレトロビル。
PA0_0383.JPG
3Fへは後ろの真新しいビルとの接合部分のエレベーターで昇ります。
初日の朝に搬入だったので、どうなる事かと思うほど混雑混乱していましたが、14:00のオープニングにはちゃんと収まってました。さすが日本人! 大勢の作家さんのいろいろな作品がいい感じに展示されていて楽しいアート展です。窓から赤レンガ倉庫とか素敵な風景も見えます。
 海からの風が強い日でした。風を受けながら、4年前のことを思い出すと今こうしているのが何とも言い表せない気持ちでしたが、それは他の作家さん達もまた同じ気持ちだったみたいです。
nice!(0) 

アルメニア交流展のお知らせ [ア−トとの遭遇]

正しくは「在アルメニア日本国大使館設立記念交流展覧会」ですが略して「アルメニア交流展」ということで。
昨年末にアルメニアに日本国大使館が出来たことを記念して、横浜でアルメニア、日本両国のアーチストの交流展を開くことになりました。アルメニアの人達にも楽しんでもらえるようにとのリクエストで、私は振袖少女人形の「清花」を展示します。
会場となる ヨコハマ都市創造センター、どこかと思ったら馬車道駅のすぐ出たところにある横浜アイランドタワーの低層部分の事でした。ここ、実は旧第一銀行横浜支店の建物で、昭和4年築の素敵なレトロビル。何年か前にアート展を見るために入ったことがあるのですが、レトロビル好きには「猫にまたたび」です。
周りにも神奈川県庁とか赤レンガ倉庫とか、横浜のエキゾチック&レトロな建物が沢山あります。最終日の3時からはクロージングレセプションとして能や合気柔術の演武などもあるそうです。交流展を起点として横浜を堪能してくださいね。

●在アルメニア日本国大使館 設立記念交流展覧会
会期:2015年3/11(水)~15(日) 11:00~18:30(11日は14:00から、15日は17:00まで)
会場:ヨコハマ創造都市センター 横浜市中区本町6-50-1 045-221-0325
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」1b出口すぐ JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分
PA0_0380.JPG

nice!(0) 

サーカス団がやって来た [ア−トとの遭遇]

遊びに来てくれた友人のお土産、おしゃれサーカス団の人形が付いた洗濯バサミ!おお、私のツボにグッとくる。団員さんたちのこれからのアクロバティックな活躍が期待されるのだ。既に私のハートはしっかり挟まれたことだし、彼らの押さえ込み挟み込み能力はかなり高いと見た!
PA0_0378.JPG



nice!(0) 

雅の世界 [ア−トとの遭遇]

新宿まで出かけたので、少し足を延ばして文化学園服飾博物館まで行ってみました。ここ、いつも面白い展示をやっているのに余り混まなくてゆっくり見れる大穴場。今は「雅の世界」ということで雛人形、雛道具、そしてそれらの元となる十二単や束帯、調度類を展示していました。和宮さまの小物や楽器類、徳川家のひな飾りなどなど、贅を尽くした数々。かるた類の絵札の細密で美しいこと!雛道具なのに蒔絵の見事さ!私の節穴の目でも、これを見れば極上品だというのは理解できます。できればルーペを置いておいてほしかった。22日まで。
PA0_0359.JPG
nice!(0) 

水野結実さんのイラスト展も始まっています [ア−トとの遭遇]

京都中川の秋も素敵だけど、鎌倉で友人がイラスト展をしています。ほのぼのとした温かいイラストは作者のお人柄。おいしい飲み物食べ物もある鎌倉のカフェが会場。水野さんのイラストでさらに和みますよ。
yumi14.jpg
詳しくは彼女のHPで
http://www015.upp.so-net.ne.jp/mizunoyume/
11/25まで。
nice!(0) 

京都中川でのアート展のお知らせ [ア−トとの遭遇]

北山杉の里として名高い京都中川でのアート展に私も参加します。この時期、山は燃えるようなモミジで彩られるそうです。水彩画、染め、ステンドグラス等々、多彩なアートも楽しめる展示です。
kurenai076.jpg
kurenai077.jpg
会場へのアクセス方法、参加作家の作品などは美晴花HPをご覧ください。私の作品もアップされています。その他素敵なイベントもあります。
http://www.biseika.net/top.html

観光地とは違う京都の秋を堪能していただけると嬉しいです。
nice!(0) 

アンカー転倒 [ア−トとの遭遇]

本当は今日、ブルーベリーが実をつけ出したので夏にはマイブルーベリー入りのケーキ焼いちゃう?なんてのんきなことを書くはずでした。がーーー。友人Yちゃんのブログを見て自分が今どんな状況に置かれたのかを知って慌てふためいてます。Kさんが万華鏡機能で素敵なイラストを描いているのは見てたけどまさかYちゃんが猫たちを万華鏡画像にしていたとは気が付かなかった…。しまった、リレーのアンカーになってしまいました。ネタ…無いです。私でバトンが途絶える?こ、困った~。
苦し紛れに思い出したのが昨年秋に奥野ビル1Fのヴィヴァンで見た万華鏡展のこと。とっても変わった装置の大掛かりな万華鏡が狭いお部屋にたくさん展示してありました。そう、そこはちょっと前までは「小野画廊」という名でした。毎年私が個展をしていたささやかな空間でした。なのにいきなりの画廊オーナーチェンジで別の画廊になってしまった!美しい装置の中の美しい風景を飽かず眺めつつも「次回から個展をどこで開くんだワタシ?」頭の中でこの声も万華鏡のようにくるくる駆け巡った秋でした。
PA0_0289.JPG
nice!(1) 

鎌倉のカフェで [ア−トとの遭遇]

イラストレーターの水野結実さんが7/30まで作品展をやっています。音楽ライブなんかも期間中にあるそうです。彼女のブログでちょこっと作品の部分なんかも見れます。http://mizuno-yume.blog.so-net.ne.jp/
動物好きなだけあってホンワカかわいくて優しい気持ちになるイラストを描く彼女。沢山の要素が詰まっている画面なのでじっくり見ないと見逃しちゃいますよ。会場となるカフェがある「鎌倉」ってのもお出かけ心を誘う素敵な場所です。

水野結実個展 カフェものがたり
期間:7/4~7/30 11:00~19:00(水曜定休)
場所:鎌倉市御成町9-34 onari cafe
7/27には19:00からライブがあります(要予約)
cafedmyumi.jpg
nice!(0) 

グループ展が始まりました [ア−トとの遭遇]

昨日、搬入してきました。2度目の顔合わせの作家さんたちなんですが、それぞれ忙しく展示作業をしつつも、なんかいい感じに親しくなりました。気持ちがリラックスすると展示作業も楽しく進みます。私は入り口左手のスペース。ちょうどいい広さでした。
PA0_0143.JPGPA0_0144.JPGPA0_0145.JPGPA0_0146.JPG
背後の壁に「匣のことり」シリーズが展示されています。今回はそれぞれの作品についての短い解説も付けておきましたので併せて読んでみてくださいね。

他の作家さんたちの作品もちょこっとご紹介。ぜひ実物と全部の作品を見ていただきたいです。ので、ここでご紹介するのはサワリだけです。
青木進さんの躍動するコラージュ
PA0_0142.JPG
松井直友さんのかっこいいメタルアート。すべて明かりを灯せるそうです。
PA0_0141.JPG
平井勝正さんの静かなボックスアート。
PA0_0140.JPG
石丸のり子さんのとぼけた味わいのコラージュ
PA0_0139.JPG
すぐ近くに東郷神社、明治神宮等もありますのでお散歩しても楽しいですよ。
nice!(0) 

画像を貼り直し [ア−トとの遭遇]

グループ展の他の作家さん達の作品写真というかDMの表面の画像がうまく貼れなかったので、もう一度貼ってみます。今度は上手く行くかな?
6月グループ展1.jpg
nice!(0) 

グループ展のご案内 [ア−トとの遭遇]

作品展を何度か見に来て下さっていた青木進さんと言う方から誘われて、彼がディレクション&プロデュースのグループ展に参加する事にしました。グループ展と言っても人形カテでは無く「立体アート」と言う括りなので、他の作家さん達は絵画+立体、メタルアート、ボックスアート等といつもの人形展では出逢う事の無い作品を作る方々です。
6月グループ1.jpg

で、私も胸像とか小さなボックスアートをメインに展示するつもりです。新作としてはちょっと前に日記で悪戦苦闘ぶりを書いていた「小さな王冠」シリーズを3点作りました。DMに間に合っていないのは御愛嬌ってことで。
6月グループ展2.jpg

アート・コンストラクション アートの持つ創造性を探究する作家たち
作家:石丸のり子、松井直友、青木進、平井勝正、宮崎美枝
会期:6/19(水)〜6/24(月)
時間:平日11:00〜19:00 日曜日11:00〜17:00 最終日11:00〜16:30
会場:代々木アートギャラリー 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-3
   JR山手線原宿駅竹下口を線路沿いに新宿方向に徒歩1、2分
地図.jpg
nice!(0) 

関本紀美子さん作品展にいく [ア−トとの遭遇]

2年前、かな、関本さんのスケッチ展を見ました。とっても素敵な水彩画!個展のご案内が届いたので金曜日の夕方心弾ませつつ見に行きました。今回もやっぱりステキ。画面の奥から気持ちの良い風がこちらに向かって吹いてくる感じ。インドの風景を描いたスケッチは異国情緒にドキドキときめく作者の心がこちらにも伝わってきます。見下ろす広場の賑わう人々のざわめきが聞こえてきそう。
PA0_0123.JPGPA0_0122.JPG
フランスの坂道もよく見ると人が歩いている。どの絵もみんな気持ちのいい澄んだ空気に満ちていて見ているととっても元気になってきます。
PA0_0121.JPGPA0_0120.JPG
関本紀美子カラフルスケッチ展
月光荘画室こんぱる前室:中央区銀座8-7-5金春ビル4F
4/29まで:12:00~20:00(29日は15:00まで)

nice!(0) 

ミニチュアショーのお知らせが来た! [ア−トとの遭遇]

友人のミニチュア陶芸作家の やまざきじんこ さんからジャパンギルド・ミニチュアショーの案内が来ました。ひゃあ、私のツボど真ん中。いつもだと展示を見てから日記に書くけど2日しかやらないから同好の士のために前もってお知らせしときます。
ジャパンミニチュアギルドショー
会期:12月1(土)11:00~16:30 2(日)10:00~16:00
会場:都立産業貿易センター2F (東京/浜松町)
入場料:1000円(小学生以下は無料)

昨年ゲットしたじんこさん作のマメねこと葉っぱ。この後、さらに精進を極めている様子は彼女のブログで。ライブ三昧ぶりとともに楽しめます。
http://blogs.dion.ne.jp/tamanikki/
PA0_0062.JPG


 
nice!(0) 

パンダちゃん待ち針 [ア−トとの遭遇]

お土産に貰った待ち針。頭のガラスがかわいい。中の一つがパンダちゃん。うーむ、パンダって何になっても可愛い。しかも世界で通じる「カワイイ」。「カワイイ」部門の金メダル、殿堂入りでもいいかも。このパンダちゃんは正面から見ると気が付かないけど横から見ると出目なのでバリ島のお面みたい…ちょっとダークな面があるのも良いじゃない。ミュージアムグッズなのだそうだ。針箱に仕舞うよりこのまま壁に張って鑑賞しようっと。
PA0_0030.JPG
nice!(0) 

アンリ・ル・シダネル展へ行く [ア−トとの遭遇]

友人が「あと一週間だけどチケット貰ったからおすそ分けね」と送ってくれました。シダネルってだれ?でもチケットに載っている絵は好み。実物は…「割と空いているからゆっくり鑑賞できる美術館だよ(友人談)」のはずが混んでいる、ということでも推察できましょう、日本人好みの繊細な印象派の絵でした。色味とか心象風景がにじんでいるところとかチュルリョーニスにも通じる画風。シダネルの方が現実生活への満足感が出ているように感じましたが。ポストカードとか図版とか迷ったけど買うのはやめました。あの絵を成り立たせている繊細な色合い筆遣いが別物になっていたから。また次回があるならあまり人がいない時間に行ってゆっくり彼の世界に浸かりたい…。
PA0_0017.JPG
nice!(0) 

亀井潤さんの作品展に行く [ア−トとの遭遇]

アート京都で顔見知りになった亀井潤さんが東京で2人展を開いているので見に行きました。奥野ビル4Fなので私にとっては縄張り、ってか?作品はそんなに大きくないんですがとんでもなく細密に作られているのにびっくりさせられます。お雛様ぐらいの顔なのに小さく開いた口に歯が覗いている!!水につかっている状況の作品が多かったので何かこだわりがあるのかな、聞いてみればよかった…。26日火曜日が最終日なのだけど9月の「人形(ひとがた)展」にも参加が決まっているとのことです。
PA0_0013.JPG
nice!(0) 

京都アート三昧双六その4 [ア−トとの遭遇]

モントレーホテル507号室の片づけを夜9時過ぎまでお手伝いし、まだまだお祭り気分が抜けきらない翌日は、帰りの新幹線まで余韻を引きずりつつ京都彷徨の最終日です。上賀茂神社に行ったからは下鴨神社も行かなきゃねぇ。モントレーでお話をした地元の方も「上、下、両神社ともお勧めだし雰囲気全然違いますよ」というし。
なるほど~、気持ちの良い森の中にお社がありました。この3日、どこへ行っても結婚式が多かったけどここも分刻みのように記念撮影していました。参拝客からも祝福されて良いものですね。
PA0_0004.JPG
こちらの特別公開も見どころいっぱいで「こんなに見ちゃっていいんですか?」。復元したものですが、牛車とか駕籠、馬車ばど身分の高い方が使った歴代の乗り物が展示してありました。牛車、かなり大きくてびっくり。駕籠が小さくて、正座してちょうどぐらいの大きさしかないのに比べて2人、つめれば3人4人は乗れそう。なんで廃れたんでしょう?
PA0_0003.JPG
参道に「さざれ石」がありました。君が代に詠われたさざれ石とはこれのことだそうです。皆さん写真に撮ります。では、私も。
PA0_0002.JPG
ここまで気持ちの良い森の中の長い参道は初めて。なるほど地元民が自慢することはありますね。
PA0_0001.JPG
下鴨からさらに北野天満宮の近くまでバスに乗って、今日の一番の目的である「ギャラリー美晴花」さんへ。
オーナーさんは大阪での人形展で作品をお買い上げいただいた方で、なんとモントレーでもばったりお会いしました。そこで大阪でお聞きしたオーナーさんのギャラリーに上がらせていただくお願いをしたのでした。
特に看板とかはなく、お電話でご予約いただくと見せていただけます。というのもオーナーさんは忙しくお仕事をしているバリバリ現役の方で、ギャラリーは不定休なのです。表の格子戸がとっても京都らしくて素敵
PA0_0000.JPG
上り込んでみたら素敵なお宅に、オーナーさんが自分の目で見て「いいわ!」と思った作品が可愛く展示されていました。お人形だけでなくぬいぐるみとか世界の工芸とか…可愛いものが可愛く展示してありました。ウサギのぬいぐるみ(こういうのはテディというと違うんでしょうかね?)のあまりの可愛さにしばし金縛り。
オーナーさんも今、お人形作りを習っていらっしゃるとかで、人形作品について話が弾むのなんの。「そうなんです、そうなんです!」と手を握っちゃいそうになりました。
お人形を好きな方ならぜひ寄ってお話を伺うと楽しいと思いますが、中にはマナーの悪い方も訪ねてくるそうで「ビスクで出来てます、というと脛と脛とを持って打ち合わせて確認する人とか、描き目なんですよ、というと指をついて触ろうとするんですよ」と、聞いていてドン引き。そんなことが重なって鑑賞のお代を頂くことにしたそうです。
美晴花さんのサイトはこちらから
http://www.biseika.net/d-top.html
この春、大阪、奈良、京都とさ迷い歩き、多くのものを見て多くの人と会いました。東京圏とはまた違う情の濃さ
に魅せられました。また出かけるチャンスがあるといいなあ。関西らぶ。
nice!(0) 

京都アート三昧双六その3 [ア−トとの遭遇]

ちっちゃな鉄道好きな「鉄おば(ちゃん)」としては嵐電見逃せません。一両編成ですか…、どツボです~。
PA0_0019.JPG
この車両は展示用なのかな?私が乗ったのは車両全体に広告がペイントされていた派手な車両でしたが。運転席の後ろで風景を楽しもうと思いましたがそこは既に「鉄爺」2人が張り付いてました。
PA0_0020.JPG
鄙びた駅で降りるとそこは仁和寺の真ん前。どんな人でも間違いなくお参りできます。ありがたいこっちゃ。
PA0_0017.JPG
ここの特別公開は金堂と観音堂。国宝です。でもどちらも学生さんの3分ミニ解説で、どんどん入れ替えていくので、じっくり見たり解説をしてもらいたい人には不満が残りそう。
PA0_0015.JPGPA0_0013.JPG
八重桜はまだちょっと残っていましたが、一重の桜はもう完全な葉桜。と、若葉かなあ…と見過ごしていた木の枝が実は桜でした。
PA0_0011.JPG
幹に括り付けてあった銘板によると「御衣黄」という種類だそうな。初めて見ました。
再度嵐電に乗って北野天満宮へ
PA0_0009.JPG
仁和寺に比べ境内全体が木陰が多くてホッとしました。うろうろしていると裏の方に秀吉が作ったという土塁の跡が公園になっていました。散歩できるのはそんなに広くないエリアだけど、眼下に広がる庭園、天満宮の風情、気が付かないのか観光客がほとんど来ないし、木のベンチでゆったりくつろいでぜいたくな気分でした。天満宮の軒先には金色の灯篭がずらりと並んでとてもきれいでした。
PA0_0008.JPG
帰り、石段の所で杖を突いた年配の女性に呼び止められました。大丈夫だと思って参拝に来たけど石段の途中で足が痛くて登れないので助けてほしい、と頼まれ引き返して休憩所まで一緒に行きました。ゆっくり休んでからお参りするから…とお礼を言われて別れたのですが、大丈夫だったのかなあ。頭の片隅に、宗教系の説話だとこういうお婆さんは神様の変わり身だったりするよねぇ…という邪念も湧き上がりましたが、その夜枕元に金色に輝く神様が現れる!ということはありませんでした。
天満宮からはバスで市内に戻り、モントレーの会場の最終日に顔を出してきました。最終日といえど賑わっていて3日間ずっとアートフェアはまさにお祭り状態でした。アートフェアがこんなに楽しいイベントだったとは!
しかし、京都彷徨はまだ続く…。
nice!(0) 

京都アート三昧双六その2 [ア−トとの遭遇]

中日はメイン会場の京都国際会館へ。会場の建物は神社仏閣の様式を取り入れたコンクリートビル。でもなんだか大きな「戦艦」を思い浮かべる威圧感。写真でお見せしたいけど、こういうポイントがことごとく抜け落ちる私…。会場のホールは見て回るにはちょうどいい広さ。パネルで仕切って各ブースごとにギャラリーさんが作品を展示していました。モントレーに比べ会場の利で大きめの作品が展示されています。やはり込み合っているけどゆったりしているので鑑賞には問題なし。透明にした標本にネオンカラーの色を付けた富田伊織さんの作品の展示を楽しみにしていましたが、とてもきれいでした。
戻ってモントレーの会場に顔を出し、そのあと市内散策。モントレーの近くには元電電公社の古いビルがビームスとかおしゃれなお店がいっぱいのスポットとなっていました。
PA0_0028.JPG
古いといえば三条通の博物館も昔銀行だったとかで天井の高いホールなどがそのままの状態で見学できます。すぐ近くの郵便局もセットで楽しめます。寺町通りへ向かい、アート京都にも参加していたギャラリーへ寄ってみました。この通りも古いお店が残っていて楽しい。ぐるぐるといろいろな通りを彷徨ってどこだかわからなくなっちゃったけど、和泉式部のお寺にぶつかりました。門の裏には古いレンガの塀が。
PA0_0026.JPG
御池通りの市役所も素敵なビル。ハナミズキが美しいピンクでした。
PA0_0027.JPG
3日目最終日は搬出前に嵐電に乗ることにしました。そのレポートはまた次回。
nice!(0) 

京都アート三昧双六その1 [ア−トとの遭遇]

アート京都のレポートです(私のレポートなので肝心なところが抜け落ちてるんですけど)。まずはモントレーホテルの私たちの部屋の飾りつけ。部屋に収まりきるのかなあ…?と思っていたけど終わってみるとちょうどいい配置となりました。私は窓辺に並べさせていただきました。
PA0_0006.JPG
開けて初日は、まずはサブ会場であるモントレーホテルの4F,5Fの各部屋をのぞいてみることにしました。韓国からもたくさん参加しているし、日本勢も東京、京都、大阪、名古屋…といろいろなギャラリーがそれぞれ一押しの作家さんたちの作品を持ち込んでいるのでパワーと個性が漏れ出しそう、ってか漏れ出している。お客様も大勢来ているし作家ももちろん楽しんでいるし…で、『ここは東京の通勤電車ですか?』ってほどの混雑。1フロア見終わったところで休憩を入れないと次のフロアを見て回る体力がおっつかないほどでした。
時は4月の連休、京都の神社仏閣もアートフェアなんぞに負けるか!とばかり特別公開をやっています。上賀茂神社に行ってみました。
PA0_0025.JPG
鳥居を入ってすぐのところには馬が繋がれていました。さすが流鏑馬で名高い神社。
PA0_0024.JPG
そしていよいよ特別公開を見るために神社に上り込むと、おお!解説は神主さん。他はたいてい学生のバイトで3分間ミニ解説程度なのに、ここはとても詳しくゆったりお話してくださり好感度ナンバー1でした。
帰りは鴨川の流れを楽しみつつお散歩。カップルのデート場所で有名ですがさもありなん。こんなに素敵な川辺では気分も盛り上がりましょうぞ。
PA0_0023.JPG
さてさて、アートフェア中日はメイン会場に向かうことにします。
nice!(0) 

体験、七宝焼 [ア−トとの遭遇]

七宝焼きでアクセサリー等を作る作家の沢田均さんに誘われて体験して来ました。沢田さんデザインの銀製の土台に好みの色の硝子釉薬を差して行きます。今回の作品は表面張力を利用した透かしの技法を使います。沢田先生に指導されつつレッツ七宝!
七宝先生.jpg
銀の隙間に釉薬を差しては焼き、差しては焼きを何度か繰り替えします。釉薬は焼くと溶けて縮むので隙間が綺麗に埋まるまでは意外と手間が係ります。全部埋まったら砥石を掛けて凸凹をとって行きます。私は一部を透かしにしてみました。
七宝.jpg
楽しい〜。同じデザインの台を使っても色使いで全くイメージが変わりますねえ…なんてみんなで見せっこして来ました。
nice!(0) 

いざ!鎌倉2 [ア−トとの遭遇]

水野さんの水彩画で心を、カフェの焼きカレーでお腹をあっためた後、お成り通りを辿る事にしました。懐かしい昭和の匂いがする商店街を浮かれ歩いている内に鏑木清方記念美術館のポスターに目が停まりました。後2時間しか時間がない!慌てて引き返して美術館へ。小さいけれど素敵な美術館。女性の絵の背景に花があしらわれている事に気が付いた友人の「少女漫画で人物が花を背負うのって、ここらが始まりかもね」という発言に納得。鳥獣戯画といい、日本人のカワイイ好きは民族の基本なのね。
鎌倉2.jpg
美術館を出ると明るい夕方の空にトンビ達が輪を描いて飛び交っていました。ここまで来たからには鶴岡八幡宮でイチョウを拝んで根性入れにゃあイカんでしょう。
鎌倉1.jpg
…こんな急な石段だっけ?しかし肌の黒い人も白い人も何やらはしゃぎつつ登っているとなれば黄色い私が怯むのもどうかと。帰り道、ハトサブレ本店に寄ってみると可愛いハトグッズがまた増えていました。うーむ、可愛い物でシッカリ商売するのもまた日本人の血。
nice!(0) 

いざ!鎌倉1 [ア−トとの遭遇]

鎌倉で水野結実さんが28日まで個展を開催しています。で、友人と「いざ鎌倉!」と出掛けて行きました。どうせなら江の電に乗ろう、と言う事になって藤沢から乗り込む。もちろん先頭車両で運転士さんの真後ろ。車両は床が木で、窓には横に鉄のバー。うう、まさかオバさんになってから電車に目覚めるとは!浮かれ浮かれて鎌倉から個展会場のカフェへ。水野さんの水彩画はとっても優しい気持ちが伝わって来る作風です。透明水彩ってまさに透明感がキモなんですが絵の中の一つ一つの色がとても綺麗。こちらの気持ちまで透き通って明るい綺麗な色に染まったみたい。水野さんの個展に付いて詳しくは彼女のブログを見て下さいね。日記も作風通りの暖かく優しい内容です。
http://mizuno-yume.blog.so-net.ne.jp/
ゆみ2.jpgゆみ1.jpg
nice!(1) 

卒制ファッションショーを見に行く [ア−トとの遭遇]

服飾大学の卒制ファッションショーに誘われたので見に行く。卒制ショーは2度目。今回も出来栄に感心して帰って来る。在学中に大きな賞を取る人もいるのだからクオリティが高いのは当たり前なのだけど、オバさん年代に腰まで浸かっていると『若いのによくぞここまで作り上げたわねぇ』と涙腺が緩むんである。細部まで心憎い仕掛けがしてあったり美しいフォルムだったりすると感動がさらに増す!勉強も学園生活も楽しかったんだね、ショーからびんびん伝わって来たよ!
Fショー.jpg
nice!(0) 

水野結実さんイラスト展 [ア−トとの遭遇]

友人の水野結実さんが鎌倉でイラスト展をします。2/4には「歌とウクレレ」シンガー2人のライブも。優しい心が伝わって来る彼女の絵の世界、今回は祈りの気持ちも込めているそうです。DMうまく写せなかったので、彼女のHPでご覧下さいね。早春の鎌倉もついでに堪能するとますます心が暖まりそう。
水野結実イラスト展「君の楽園」
2/2(木)〜2/28(火)11:00〜19:00水曜定休、onari cafe:鎌倉市御成町9-34※鎌倉駅徒歩2分みずほ銀行の裏
水野結実さんのHP
http://www015.upp.so-net.ne.jp/mizunoyume/
ゆみさん.jpg
nice!(0) 

やまざきじんこ さん作品展 [ア−トとの遭遇]

友人の「やまざきじんこ」さんが月光荘の画室1で個展をやっています。小さな小さな陶芸です。ちいさくて可愛い動物達を絵本の1頁の様に作品に仕上げています。どんなに小さいかって?こんなです。
11じんこ.jpg
仁子さんの作品、個展の会期等は彼女のブログでどうぞ。
http://blogs.dion.ne.jp/tamanikki/

nice!(1) 
前の30件 | 次の30件 ア−トとの遭遇 ブログトップ