So-net無料ブログ作成

罪庫を減らす [日常]

友人が溜まった毛糸の事を「罪庫」と呼んでいる。それでいうなら私の生地やレースが罪庫。罪の重さで時々気持ちと段ボール箱が潰れ気味。
先日、ふと道具箱も入れられるバッグが欲しくなった。サイズの事があるので市販品の中で選ぶのは面倒。じゃ、作っちゃおうかな、と図書館で手ごろな作り方を調べてみる。帆布で作るトートバッグが良い感じ。しかし罪庫を減らしたい私に新たに帆布を買うという選択は無い。丈夫そう…かな…と言うあいまいな判断で紬を使うことにして裏に芯地を貼り、内袋を付けることにする。持ち手も工夫してみよう…なんて構想を練ってみる。本に乗っていたバッグよりどんどん複雑な作り方になって行くんですが、ワタシの目論見にほころびは無いのかしら?しんぱーーい。こうなってくるとバッグ作りと言えどもパズルを組み立てるようだ。巧く行くのかなあ。   ってか、人形原型作りが止まっているのも、これまた罪の重さを増してるんですが…。
170330_2045~01.jpg
nice!(2)