So-net無料ブログ作成
検索選択

隼分王子の叛乱 [紙魚の本棚]

田辺聖子さんの本はいくつか読んで好きだった…のを思い出して久々に図書館で借り出したらはまりこみました。大阪に行ってみて歩き回ったのも大きかったのかも。舞台の地を知ると物語が身近になるし。で「隼分(はやぶさわけ)王子の叛乱」は古代が舞台だとは察しがついたけど大阪堺にある仁徳天皇陵の主であるオオサザキ王も中心人物として登場してます。関西の人たちはこういう遺跡が身近にあるから古代の物語が「遠い昔の物語」ではないのだろうなあ。古の歌がまだ残像として取り巻いて浮かび上がるのだろうなあ…。大阪博物館で見た古代王朝復元フロアの光景がより生々しく思い出されます。
120416_1324~01.jpg

nice!(0) 

nice! 0