So-net無料ブログ作成

松山俊太郎先生に会いに行く・11年2月 [松山先生と]

「ここら辺りは『中猿楽町』という名前だったのかあ」と何時の間にか出来た名前の由来掲示板をしげしげと読む。そんな大通りを、ちょっと逸れた所に美学校がレトロに建っています。若い女の子達が「あー!ここだ。たどり着けないかと思った」とはしゃいでいたけど、確かに美学校がこんな目立たない雑居ビルだとは思わなかったでしょうね。今回の松山先生は地球外に地球と同じ条件を持つらしい星が沢山見つかったと言う話を発端に「言葉」の発生、反応と知覚、進化と行動様式などの話を展開。いつも凄いと思うのは私が『?』という顔をしているとすぐに分りやすい言葉、事例を使ってくれる事。これって知の深さがあればこそ。講議をしている先生の表情は学生の頃にゼミでお会いしていた時と変わらない生気です。


中猿楽町.jpg
nice!(0) 

nice! 0