So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとずつ読む [松山先生と]

寝る前にちょっとずつ松山俊太郎先生の「綺想礼讃」を読んでいます。先生がこれまで書き継いで来た文芸評論、18人の作家分がまとまっています。読んだ事のある作家、読んだけどどうも解らなかった作家、名前は知っていても敷き居が高くて避けていた作家…。興味の向くまま先生の評論を読んでいると『ああ、こういう事だったのか』とか『これを踏まえて読んで行けば読み通せるかも』とか、方位磁石と地図を手に入れた気がします。
松山本.jpg
nice!(0) 

nice! 0