So-net無料ブログ作成
検索選択

松山俊太郎先生に会いに行く4 [松山先生と]

先生の新刊が出ました。「綺想礼讃」国書刊行会。で、神保町東京堂書店で安藤礼二氏とトークイベントがありました。私の様な何も知らない者が参加するのはいかがなものか?と思っていたら先生と大変親しいNさんから御誘いがあったのでそれを免罪符にして参加。盛況でした。先生の知識たるやあまりに膨大で身が竦むのですが、私(何も分かっていない者)にも分りやすく話をしてくれる…と言う事にいつもながら驚かせられます。分りやすいだけで無く興味をそそられるのです。安藤氏が編集者として先生と10年過ごした日が素晴らしかったと語っていましたが知力のある人ならそうだろうなあ…とうらやましい気持ちでした。
奇想.jpg
nice!(0) 

nice! 0