So-net無料ブログ作成
検索選択

藤沢周平「麦屋町昼下がり」 [紙魚の本棚]

御近所さんが本を「御自由にどうぞ」と放出していました。足を蚊に喰われながら吟味。なぜなら一人3册までだから。作家のラインナップから推理するに御近所さんは60歳代以上の時代小説ファンみたい。ようやく藤沢周平のを1册選出。やっぱりいいなあ。しみじみ好きだわ。御近所さん、ありがとう。
藤沢.jpg
nice!(0) 

nice! 0