So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

エコール・ド・シモン展始まってます [人形]

27日まで、六本木の横縞ビル「ストライプハウス」でシモン教室展を開催しています。私の作品はシモン先生の作品の左側にいます。教室の皆さん、自分の作品世界を作り出していて、なかなか見ごたえありますよ。お天気が良ければ「ちぃばす」で小さなバス旅行も楽しいです。「六本木駅前」で降車して芋洗い坂を下ります。
ライラックニット1.JPG
nice!(4) 

天気もグズる [人形]

昨日の晴れている間に鋳込み作業を完了させる、気持ちはあったのに、ぐずぐずしてたら今日になってしまった…。天気までグズっちゃって、せっかく抜いたのに乾きが悪い。ああ、昨日に戻りたい。
180513_1726~01.jpg
nice!(3) 

人形展のお知らせ [人形]

風薫る五月の筈が一転とても寒くなりました。しまいこんだヒートテックをまた取り出す…。
シモン教室展の頃にはまた爽やかになっていますように!私も卒業生枠で1体展示します。
●エコール・ド・シモン人形展
会期:5月19日(土)~27日(日)11:00~18:30(27日は18:00まで)
会場:六本木ストライプスペース 港区六本木5-10-33
18シモン展.jpg
nice!(2) 

薫風 [日常]

天気に誘われて骨董市に出かける。途中に陸橋があって、これを上らないと道の向こうには渡れない。見晴らしが良いので結構好きな場所。風が強かったので陸橋を上る前から良い香りが漂っていたけれど、更に香りが強く近くなった。あ、やっぱり!楠の並木があった。
180503_1628~01.jpg
楠の花自体は地味で目立たないけど香りは際立っている。
180503_1627~01.jpg
陸橋の上で暫し薫風を楽しむ。五月なんだなあ…。
nice!(2) 

1ミリ進む [人形]

やっと手と足にボールが付いた~。膝を切ってボールを入れる前に全体のバランスを確認しなくちゃ。まだ先は長いぜ!ゼーゼー、ハーハー(もし外国の方がこれを読んでいたのなら「ゼーゼー、ハーハー」とは力を使い切って息切れしている状態を表現しています。略して「ゼーハー」とする時もありますよ)。
180425_1528~01.jpg
nice!(2) 

まだ途中… [人形]

手と足、まだカタが付きません。ほんの少しのさじ加減を行ったり来たり。こんなに大変だったっけ?以前に作った時はどうしてたんだろ?細かい部分、道具は何を使って精度を上げてたんだろ?なんで自分のやった事なのに覚えてないんだろ?
180417_1149~01.jpg
nice!(3) 

トクサ [人形]

「トクサ」というものを貰いました。昔から日本ではサンドペーパーとして使っていた草なのだそうな。台になるものに切り開いたトクサを貼りつけて使ったのだそうだけど、そのままの状態で使ってみました。細かい目の棒やすりを使っているような感じ。しばらく使ってみて使い心地を試してみるとしよう。
180411_1531~01.jpg
nice!(2) 

進まない… [人形]

と、いつもぼやいている気がする原型作り。手足をちまちまと作っている現在、やっぱり「進まない…」。今回の原型はローティーンの設定。あの年頃の形にしたいのだけど、なかなか難しい。この調子じゃ、やっぱり今回の原型作りと石膏型作りは2年越しになりそう。とほほ。
180408_1502~01.jpg
nice!(2) 

多摩川の桜 [日常]

先週末は東京の桜のフィナーレ。ソメイヨシノはもう終わり。ですが河川敷なら川風で寒い分、まだ間に合いそう。出かけてみるといい感じに咲いていました。多摩川の河川敷なのでのびのびと枝を広げています。土の道が続くのも「昭和」感があってより一層味わい深い。川関の辺りではアユのような小魚が遡りつつ跳ねだしていました。両脇ではシラサギなどの鳥たちが待ち構えて「踊り食い」。のどかな春そのものな一日でした。
180401_1553~01.jpg
nice!(2) 

偉大なり、栄養 [緑の指]

前回の個展の時に頂いたシクラメン。夏中暑さにクッタリとしつつまばらに葉っぱを伸ばしていました。今年に入って、株にいくつかの蕾を付けているのを見てあわてて肥料を買いに走りました。  栄養って重要!今の姿を見て生徒さんみんなから「これって、あの、シクラメンですか?」とびっくりされたうえ「センセイ、育てるの上手いですね」と褒められてしまいました。いや、私は何もしてないの、ホント、肥料が偉大なだけなの。
180323_1659~01.jpg
nice!(2) 

手と足 [人形]

のろのろと続く新原型作り。そろそろ手や足という先端も作らないと…。ということで、これまたノロノロと作り始める。前に作った「アデリーナ」型のパターン違いの両手も作りかけだった…!形を作っている時に作らないとドレスを作っている傍らで作るのは無理があったのよ、私、気が散りやすいし。
さて今回は途中で放り出すわけにはいかないなあ。
180320_2345~01.jpg
nice!(2) 

神田教会 [日常]

岩波ホールへ映画を見に行った帰りに、横道、裏道ぶらぶら散策していたら素敵な教会を発見。「神田教会」なのだそうな。4時までだったら見学が出来たらしいのだけど時間外だったので外側をぐるっと回ってみました。表はこんなかんじ。
IMG_1422.JPG
 地面から階段などで床を上げてから建っているのではなくいきなり建っているカンジが(うまい言い方が分からない…)、私にはパリっぽく感じます。
裏はこんな。
IMG_1427.JPG

神保町の裏道にはまだまだ古い建物がいっぱいあるし、最近始めたのかなあ…みたいな小さな個性的な古書店も見つけました。すずらん通りあたりの本屋が無くなって来ていて寂しいなあ、と思っていたけど、小さな通りを根気よく探せばまたお気に入りの店を見つけられそうです。
nice!(2) 

百段雛祭りを見る [人形]

目黒雅叙園の百段階段での雛祭り展に行きました。前々から毎年やっているのは知っていたけれど見に行ったのは初めて。私の想像では宝塚の大階段みたいな幅広の階段の、片側にお雛様が段飾りされているのを上りながら鑑賞する…(アルメニアのカスケードという美術館がこういう構造でした)というものだったのですが、実際は百段の階段をのぼりながら、いくつかある広間に入って行ってお雛様を鑑賞する…と言うスタイルでした。土雛などは、撮影できる場所もありました。
IMG_1417.JPG
贅を尽くした料亭のお部屋の素晴らしい事、お雛様もお大名さまの物だったりして、これまた豪華。御殿まであるお雛様、私の巣でこんなの組み立てたらお部屋に入れなくなっちゃう。
ツアーで見に来たお客様もたくさんいらして、日本人って、こういう小さくて愛らしいものがほんとに好きなんだなあ。
nice!(2) 

ご飯炊き、そうだったのか!

昼夜逆転でぶんかとうさんへ送る人形のドレスを作っていた時、「ラジオ深夜便」を聴いていました。なかなかナイスな番組ですっかり気に入ってしまいました。「ながら作業」するにはぴったり。  で、そのなかで何日間かご飯についてのコーナーがあって、鍋で炊くご飯のやり方を伝授してくれたのですが…。
私もここ何年か、厚手の鍋で炊き続けていたけど、最初から最後まで蓋は開けていませんでした。ところがこの先生のやり方は沸騰したら蓋を開けてなべ底からお米をかき回し、水分が引いてきたら蓋をして弱火で13分、蒸らしを10分…というもの。ええー?と思いつつ試してみたら、ご飯がおこわのように弾力が増し、温め直してもおいしい!!しかも吹きこぼれもない。
こんなにおいしく炊けるなら高い炊飯器、いらないです。びっくり。
180228_1731~01.jpg
nice!(2) 

撮影してもらう [人形]

いつもポストカード用の写真をとって頂いているカメラマンさんに、今回はこの時期にお願いしました。例年、焦げ付きそうなくらい暑い時期にお願いしていたのですが、今年はそんな頃には個展に向けての死闘(としか言いようのない修羅場になっているはず)を繰り広げていそう。安全策を取るのも、老練のなせる業…ってか?
カメラマンさんとのお付き合いももうずいぶん長いことになりました。事前に打ち合わせをしていないのに、彼が「こんな感じはどうですか?」と提案してきたものは、まさに私が思い描いていた方向。作品を見ただけで作品の世界を理解してもらえるって嬉しい。
180224_1338~01.jpg
nice!(2) 

まずまずの日 [日常]

朝はパン。何でもいいんだけど今はフランスパン。斜めにスライスしていって、今日は最終日なので端っこ2個分。そのままだと厚いので切広げたらハート型になりました。おお、なんかいい感じ。
良い感じを引きずりつつ教室の生徒さんと人形を作りながらもオリンピックを応援。女子フィギュアは最終グループは圧巻のパフォーマンス。日本の2人もメダルにこそ届かなかったけど、悔いが無い素晴らしさ。ジャッジも(どの選手に対しても)え?なんで?…なんていう嫌な採点は無かったし。さて今夜はカーリング女子。こちらも悔いのないやりきった試合になりますように。
180223_1005~01.jpg
nice!(2) 

創作和人形展のお知らせ [人形]

オリンピックが始まってしまいました。日本人選手の活躍をラジオで聞きつつ、ノロノロとドレス作りをしていた私。やっと人形展のお知らせをアップできるところまで漕ぎ着けました。なにか…私もオリンピック選手として場内コールされているかのような気分です。
 
●2018創作和人形展
会期:2月24日(土)~3月4日(日)11:00~18:00
会場:ギャラリーぶんかとう 福岡県行橋市西泉7-16-21
電話:0930-23-5653
入場料金:300円

今回の作品はモデリングキャスト製です。着物布のかわいらしい柄に合わせてポップなドレスにしてみました。
18紅いリボン全.JPG

後ろにもリボンをつけてよりカラフルにしています。
18紅いリボン後.JPG
nice!(2) 

久々のチネチッタで映画 [ア−トとの遭遇]

荻上チキさんの番組で紹介していた映画を見にチネチッタへ。前に行ったのがあまりに昔過ぎて行き方を忘れてました。
映画は「The PROMISE」というタイトルで、今から100年前に起こったオスマントルコでのアルメニア人への大虐殺がテーマでした。テーマがテーマなだけにさっさと見ておかないと公開期間は短そう。人形のドレス作りが大幅に遅れてる…というか、間に合うのか?って瀬戸際なんだけど、まあ、なんとかするしかないな。
この虐殺については15年にアルメニアでのアート展に参加した時、エレバンにある虐殺記念塔とその傍らの資料館へ行き、当時の膨大な報道写真の展示を見て、あまりの悲惨さに呆然となったものでした。今回の映画はとてもよくできた作品で(監督は「ホテルルワンダ」の人です)見ていると人間の善と邪を考えてしまいます。
180207_1725~01.jpg
nice!(2) 

一歩前進 [人形]

昨年から作り始めた新型。なかなか思うように作れなかった顔が、やっと何とか納得いく形に納まりました。人形は顔が命…とはよく言ったものでこれがピタッと来ないと他のパーツも進まない。やれやれ。ちょっとだけでも前進すると嬉しい。
180130_0022~01.jpg
nice!(3) 

大雪 [日常]

今年はマメにブログをアップしようと思っていたのに、もう1月も下旬になってしまいました。書こうと思った事もどんどん過去に。
今日は外出ついでに銀座の画廊を巡る計画だったけど、この大雪に挫折。というか、そのまま銀座まで行ったら帰って来れなさそう。たまに見る雪景色はとてもきれいだけど、そんな悠長なことを言っていられるのも既に帰宅してしまったからこそ。遅れが出ている路線もいくつか出てた。皆さんご無事で帰宅できますように。
180122_1553~01.jpg
nice!(3) 

鯵みりん干しを作ってみる [女子の厨房]

魚売り場のアジの開きを何度か目撃しているうちに、みりん干しにチャレンジしたくなりました。ネットで作り方を検索。漬け汁に付け込んだ鯵を寒風で干しています。地元にいる時は干し魚などは何か特別なコツがあってフツーの家庭では作れないものと思い込んでいました。今回成功したら当分みりん干しブームが来てしまいそう。などと、風に舞う鯵を眺めていたら鼻水が…。花粉も風に舞い始めたようです。
180111_1510~01.jpg

nice!(3) 

池田重子・横浜スタイル展に行く [ア−トとの遭遇]

横浜そごうでの「池田重子 横浜スタイル展」は本日が最終日。着物姿もあでやかな女性たちでいっぱいでした。2年前に松屋銀座での展示も見に行ったけど、その時の展示とはほぼ重ならないコレクションの数々。フロアもゆったりしているし展示数も多く、見ごたえありました。贅沢で凝りに凝った着物や帯、帯留めなどなど。それをまた粋を凝らした組み合わせや着付けで池田重子さんの美意識の世界を展示していました。見終わって横浜駅に向かうと成人式の振り袖姿が沢山。彼女たちにも見てほしいなあ。見たのかなあ。
18重子.jpg

nice!(2) 

1月1日 [日常]

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
18年賀プリント用.jpg
nice!(3) 

アート展のお知らせ [ア−トとの遭遇]

年賀状もまだ終わっていないっていうのに今日は大晦日!明日は来年じゃないの!!…という状態ではっと気が付く、来年早々のアート展参加のお知らせをまだやっていませんでした。こんな慌ただしい時にお知らせなんてアップして、読んでもらえるんでしょうか? まったくもって自業自得…。
 新年の銀座をお散歩の折にはちょっと足を延ばしてみてください。アルメニアでのアート展に参加した作家たちの作品を日本でも展示しよう、との企画です。私もアルメニアドレスの少女2体を展示します。

●エレバンの思いで展
期間:2018年1月6日(土)~10日(水)12:00~18:30 (初日は13:00から、最終日は17:00まで)
会場:Gallery銀座一丁目 中央区銀座1-9-8奥野ビル4F
IMG_20171231_0001.jpg
nice!(0) 

朋来る [日常]

あっという間に今年も後わずか。年末のせわしない中、中学時代の友人が東京に出て来たので、彼女とささやかに忘年会。寒い信州からやって来た彼女なのに「東京も寒いじゃないか~!」と笑っちゃう今日の冷え込み具合。仕事納めで街に繰り出しているのか、新宿はけっこう混雑していた。聞けば今年は大変な出来事が3つも重なり(一つ一つが結構重量級で驚かされた)今日はそれらの〆くくり、みたいな用事で出て来ていた。大変だったけど、良く持ちこたえたね。中村屋のカリーを食べつつオバちゃん達の話は尽きない。
171228_2034~01.jpg
nice!(2) 

久々の… [日常]

風邪を引きました。インフルエンザではなかったようで発熱は無かったけど、喉がヒリヒリ→スルスル鼻水→ズルズル鼻水→咳連射、というようなコース展開でした。人混みな場所へ出ることが少ないので、風邪も貰うことがあまりないけど、先日乗った電車で貰ってきてしまったのかも。お布団の中でずっと過ごすって何時以来だろう。子供の頃はこうして学校を休むのって特別感があってドキドキしたなあ…なんて思い出す。
171214_1851~01.jpg

nice!(3) 

クリスマスに向かって [日常]

個人宅でのクリスマスデコレーションに注力している物件が目につく季節となりました。ご近所のお宅も更に力を込めてのデコレーションに、今夜点灯が開始されました。すごい!屋上では回転するデコレーションまで登場してる。今年は自分の巣での飾り付けは面倒だと思っていたけど、またいつも通りの飾り付けをしてみる気になりました。ありがとう、ご近所さん。
171205_1828~01.jpg
nice!(2) 

東京タワー [日常]

増上寺へお散歩。増上寺の裏は東京タワー。
171123_1540~02.jpg

人懐っこい雀が足元に降りてきて「何かちょうだいな」とこちらをちらちら見ている。撫でちゃおうかな。落ちていた木の実を見つけて食べ始めました。警戒心まるで無し。
171123_1557~01.jpg

夕暮れて来てタワーはライトアップされました。
171123_1645~01.jpg

タワーの足元は既にクリスマスデコレーションでキラキラ。ちょっと離れた所から美しい姿を撮りました。

nice!(2) 

人形展のお知らせ [人形]

長い長いアルメニア旅日記を書いていて、お知らせが前日になってしまいました。
福岡のギャラリーぶんかとう での人形展に私も参加します。少年胸像2体展示しますので、ぜひご覧ください。
●2017創作洋人形コレクション
会期:11/18(土)~11/26(日) 11:00~18:00
会場:ギャラリーぶんかとう 福岡県行橋市西泉7-16-21 0930-23-5653
入場料:300円
※期間中は無休です。
16パール.JPG
nice!(2) 

再び岩の国へ8 [ア−トとの遭遇]

長々と旅日記を綴っていましたが、いよいよ最後。エレバンの街の事、もう少し。

ギュムリから帰って来た日はエレバン市の誕生祭の日でした。エレバン市のいろいろな場所でイベントが同時にある「学園祭」状態でした。タイムスケジュール表を訳してもらい、まずは2年前に出来たばかりの新しい通りへ。通りの中央にステージが出来ていて少女たちが民族ダンスを踊っていました。
P1050417.JPG

舞台の下では民族服の人々を大勢見ました。ステージに立つのかな?美人度がますますアップしてます。
P1050423.JPG

共和国広場近くの通りも美しく飾り付けられ、一応おまわりさんたちも待機してますが、ワクワク感満載。
P1050437.JPG

こちらにもステージがあり、美しい民族服の人々がいっぱい。晴れ舞台なんですね。2年前に来たとき、大学生たちが「伝統的アルメニアの衣装はほとんど着ない」と言っていましたがお祭りは別なのでしょう(お祭りなので正式なドレスよりは簡略化されているということもありそうですが)。
P1050444.JPG

美しいドレスを着られちゃ、いつもの女友達の筈なのにドキドキさせられちゃうよね。彼らは仲良くマイムマイムみたいなダンスを見せてくれましたが、その振付、ステップの複雑な事!よく覚えられるなあ。
P1050461.JPG

日が暮れてくると道路の上にイルミネーション点灯!昼間に見ると、道路の上に電線が渡っているだけみたいなんですが、こういうお祭りになると本領発揮です。
P1050487.JPG
P1050490.JPG

本屋さんの前では人々がぎゅうぎゅうに押しかけていました。誰か有名人が来ているのかな。
P1050495.JPG

エレバンのお祭りは土曜日一日だけの事だったようで、翌日にはお店の前の飾り付けだけが残って、フツーの日が始まりました。ええ?あっさりしてるなあ。
 さて、もしエレバンに行くことがあったならゆっくり見てほしい場所の一つに古文書博物館があります。
P1050285.JPG

アルメニア人は本を命のごとく大切にする歴史があり、異民族に攻め込まれて生きるか死ぬか…と言うような時にも貴重な書物を壺に詰め、教会、修道院などの床下深くに埋めて守っていました。そのため、アルメニアにしか残っていない古文書も多いのだそうです。今では世界中の貴重な古文書も収蔵されています。お金を払うと館内を自由に撮影させてもらえます。
P1050303.JPGP1050337.JPG

古文書博物館はちょっと小高いところにあります。ここから中心地を見るとこんなふう。ここも木に囲まれて気持ちのいい場所です。
P1050291.JPG

エレバンと言いギュムリと言い、街中に大きな木が沢山あるのはソ連から独立した後の度重なる不幸で暖房にも事欠き、子供たちですら真冬に郊外まで薪にする木を探しに行かなければならなかったこともあるのではないかと思います。  そんなことを知っているとは思えない現代の子供たちが私ら東洋人を見て大喜びで手を振り叫びます「ニーハオ!」。いや~、この2年のうちにどんだけ中国人が押し寄せたんでしょう。
P1050380.JPG

エレバン中心地から離れた場所に新しいショッピング街が出来ているようで、タクシーでそんな街を通り過ぎました。高速度道路も中国の協力で整えられているのを見ました。いたるところクラッシュアンドビルド。そんなこともあり、街中で大きなミキサー車を目にしました。でか!
DSC09037.JPG

街で見る車は確実に高級で高価な新車が多くなりました。
DSC09240.JPG

中心地のお店は古い建物の中にあるので規模の小さい物が多いです。これもきっと2年後ぐらいには変わっちゃうのでしょうね。おもちゃ屋さん、洋服屋さん、ちょっと街外れのコンビニ(?)
DSC09036.JPGDSC09038.JPGDSC09041.JPG

ホテルの近くにあった小さいスーパーの瓶詰コーナーに醤油発見!エレバンにも、日本料理なのか寿司屋なのかよく分からないお店があって、寿司を食べることができるそうですがかなり高いのだとか。味…どうなんでしょう?アルメニア料理のレベルが高いだけに、テキトーなものでお茶を濁してほしくないです。
P1040365.JPGP1040365 (2).JPG

共和国広場の横では週末になると蚤の市があり、お土産物になりそうなもの、日常に使う道具類、絨毯、絵画等々良いものからガラクタまで並び、とっても賑やかです。店主さん達と値段の交渉するのも楽しい体験です。週末だけかと思っていたら出店数はかなり減りますが平日でも開かれていました。お客さんが少なくて撮影するには好都合。エレバンを去る日の朝、出かけてみました。
DSC09244.JPG

こうして今回もたくさんの思い出をこさえて岩の国を去って来たのですが…。
帰りのアエロフロート、モスコーから成田までは10時間。2度食事が出ます。2年前の教訓で帰りの食事は強烈に不味い!と心の準備をしていました。
が!最初の食事…どうしたの?美味しくなっている!苦情が殺到して改善したのかしら。完食しました。
 ふう、これなら2度目の食事が楽しみ…なんてうきうきしてたら、さすがアエロフロート期待は裏切らない、安心してて油断した分ダメージは大きい。全体重を乗せた破壊力あるパンチが繰り出されました。激マズ!!!!!一口も飲み込めない。
DSC09246.JPG

撃沈している自分のマヌケさに笑いが止まらなくて、私とは違うメニューを選んだ仲間に感想を聴いたらそちらも激マズだったとかで、彼も笑いが止まらない状態でした。ロシアのオ・モ・テ・ナ・シは厳しいぜ!

でもフォーチュンクッキーから出てきたメッセージはとっても嬉しい内容でした。オツな事するじゃないか、アエロフロート。
nice!(3) 
前の30件 | -