So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

エコールドシモン人形展のお知らせ [人形]

昨年は出品をお休みしてましたが、今年はアルメニア風ドレスの娘さんを1人展示します。教室に通っている現役生徒さん達、私のようなOB枠の人達、年に一度のシモン派(エコールドシモン)顔見世展が今年も六本木で開かれます。芋洗い坂をコロコロ転がってお越しくださいね。
●第36回エコールドシモン人形展
会期:5/13(土)~5/21(日) 11:00~18:30(最終日18:00まで)
会場:ROPPONGI STRIPE"S SPACE 港区六本木5-10-33ストライプハウスビル
170429_1722~01.jpg


nice!(2) 

「渥美半島の風」が届く [紙魚の本棚]

渥美半島をこよなく愛する小川雅魚さんことウナギさんから総カラーの美しい本が届きました。中身はウナギさん同様に半島で生きる人々や彼らが作り出す産物への熱い語りだったり、陶芸作品の数奇な物語だったり。私が乱暴にまとめるなら「これを読んだらあなたも渥美半島ファン」てところかな。実際私は次号にも興味津々だし。
170426_2039~01.jpg170426_2051~01.jpg

ウナギさんの半島ご自慢の逸品の一つ、横地さんの作るセロリは麿赤兒もご贔屓だとか。抱きしめられたセロリも嬉しかろう。
170426_2050~01.jpg

ウナギさんに自慢話を聞かされるまでは渥美半島の場所すらわかってない私だったけど、いまや「渥美半島ラブ」に洗脳されてるかも、アサリの産地が気になるし。
●渥美半島の風 :発行「渥美半島の風」社中a.kaze1235@gmail.com


nice!(2) 

初夏? [人形]

つい最近まで結構寒くて、ぼーーっとしていると今が4月なのを忘れて3月気分になってしまってましたが…。いきなり夏日の連続。いつもならソメイヨシノの終わった後に一息二息置いた後の八重桜が間髪入れずに咲きはじめました。あ、でもこれは八重の方はほぼいつもどおりなのかな。
 さて、油土で原型を作り始めたものの毎日寒くて粘土がカチコチに硬く、私のすぐに挫折する「やる気」をへし折り続けていました。が、この暖かさで言い訳できないぐらい油土が柔らかくなってしまいました!……だけどこんなに温かいと今度は粘土が柔らかすぎるような。うーーむ。
170418_2154~01.jpg
nice!(3) 

バッグ完成 [日常]

一月にブラウスを作った時も自分の目論見の倍の時間がかかって凹んだものだけど、バッグも倍の時間がかかりました。予想外の事の連続なのは試行錯誤で作るんだからあたりまえ、なんだけど…。本当は肩掛けベルトも作る予定だったけど、辛抱切れそうなので市販の革ベルトにしました。
170407_1751~01.jpg
口を閉じるのに布ループとくるみボタンを使ってみました。前に作ったくるみボタンを見て閃いたのだけど、このバッグのアクセントになりました。口を閉じたバックはこんな。
170407_1750~01.jpg
さて実際に使用したら使い勝手はいいのかしら。ちょっと不安。
nice!(2) 

桜愛でる奥様 [日常]

原型作り、バッグ作り、共に遅々として進まず…。なのに桜が咲いちまった!ソワソワしてますます集中しない。それなら花見に行った方がよっぽどスッキリするんじゃなかろうか。という実に自分に都合のいい話の組立で、電車でGO! たどり着いたのは横須賀の海上自衛隊田戸台分庁舎。素敵なレトロ御屋敷。あんまり大きすぎないけど趣味の良いお屋敷。大きな桜が部屋の窓いっぱいに広がる。  ここでお屋敷の奥様になりきるワタシ。ところどころにあるステンドクラスとか素敵な彫刻のある家具、趣あるお庭を一般公開した庶民に案内する奥様…。「庭にはまだ大島桜、枝垂れ桜、などもありますのよ。」などと上品な口ぶりを精一杯妄想しつつ桜愛でる奥様になりきってみる。でもきっと、いっしょにこのお屋敷を見学していた皆さんも同じ妄想してたんじゃないかな…。
170404_1436~01.jpg

nice!(3) 

罪庫を減らす [日常]

友人が溜まった毛糸の事を「罪庫」と呼んでいる。それでいうなら私の生地やレースが罪庫。罪の重さで時々気持ちと段ボール箱が潰れ気味。
先日、ふと道具箱も入れられるバッグが欲しくなった。サイズの事があるので市販品の中で選ぶのは面倒。じゃ、作っちゃおうかな、と図書館で手ごろな作り方を調べてみる。帆布で作るトートバッグが良い感じ。しかし罪庫を減らしたい私に新たに帆布を買うという選択は無い。丈夫そう…かな…と言うあいまいな判断で紬を使うことにして裏に芯地を貼り、内袋を付けることにする。持ち手も工夫してみよう…なんて構想を練ってみる。本に乗っていたバッグよりどんどん複雑な作り方になって行くんですが、ワタシの目論見にほころびは無いのかしら?しんぱーーい。こうなってくるとバッグ作りと言えどもパズルを組み立てるようだ。巧く行くのかなあ。   ってか、人形原型作りが止まっているのも、これまた罪の重さを増してるんですが…。
170330_2045~01.jpg
nice!(2) 

たば塩で遊牧民 [ア−トとの遭遇]

たば塩こと「たばこと塩の博物館」へ久々のお出かけ。「西アジア遊牧民の染色」というお題で絨毯、キリム、塩袋、テント袋などが展示されています。絨毯とかキリムとか、専門店でじっくり鑑賞するのは度胸がいる。その点、博物館はどんなにしつこく眺めていても大丈夫。じっくり見てみると模様の中に楽園が描かれているのがよく分かり、この敷物と共に遊牧する民となったワタシを妄想するのはとっても楽しい。右と左と同じ模様の絨毯がそれぞれの側で技の優劣があったり色味が違っているのはきっと親子で並んで作ったんだろうな。親に怒られたり褒められたりしたんだろうな(もちろん私の妄想)。
実際に使われていた塩袋(今回の展示物)は装飾らしきカラフルな房がいくつも付いている。現地でお土産品として売っている袋(博物館が以前からコレクションしていた物)には付いて無い。厳しい遊牧の暮らしの中でもこんなおしゃれを凝らすのはどこの誰でもみな同じなのね。
170324_2314~01.jpg
nice!(2) 

二歩目 [人形]

描いたり消したり、縮めたり伸ばしたりして人形の設計図がやっと決まりました。で、二歩目というか2コマ目(双六ならば)に進んで、油土での原型作りに入りました。人形としての完成がゴールなんですが…はるかに霞んで見えるんですけど…。まあ歩いていればいつかはたどり着く…はず。
170316_2208~01.jpg

nice!(2) 

工場萌え [日常]

製鉄所の工場見学に誘われました。テレビ番組で、溶けた鉄をローラーで伸ばしていく工程「熱間圧延」を何度か見たことがありましたが、それを生で見るチャンス!
製鉄所は大変広く工場への移動もバス。血管のように張り巡らされたパイプラインたち。巨大な生命体の中を移動している気分。 いよいよ熱間厚廷のセクションに入ると…迫力凄い!1300℃近くある黄金色の鉄の巨大な板が暗い扉から繰り出されローラーの上を転がされ水を掛けられまた転がされ…を繰り返すたびにどんどん薄く長くなっていく。32センチの厚さが最終2ミリに8分で延ばされる。この工程だけ一日見ていても良いぐらい。
溶鉱炉は外観だけで、記念撮影ができたのもここのみ。この中で鉄がマグマとなっているのかぁ。
170311_1546~02.jpg

巨大な工場って外観だけでも楽しめるけど、中も見せてもらえるならより楽しい。見学したことでここの会社への愛情も育ってしまい、ここのスチールを使っているという缶飲料買うことにしよう…なんて密かに決心。
nice!(2) 

始めの第一歩 [人形]

生徒さん達が年明けとともに新作を作り始めているので私も影響されて「新型なんて作っちゃおうかな」とその気になって来ました。人形新作の始めの第一歩は設計図を作る事。正面図と側面図を書き起こします。対応するポイントは必ず同じ等身数の位置に書くこと。じゃないと立体にはできないからね。 同じ等身数だけどむっちりした感じの子とすらっとした感じの子の2パターンを書き起こしてみました。どっちにしようかな。 前回の型「アデリーナ」タイプは原型だけで2年かかってしまった。それよりは早く仕上げたい…というのが今のところの目標。
170309_1754~01.jpg

nice!(2) 

ソファを作ってみる。が… [人形]

アニバーサリー展では当初ソファに男の子と女の子を座らせるつもりでいました。昔、男の子を2体座らせて展示したことのあるワイヤーのソファを持っていたので今回はそれを布のソファに作り替えてみようと思い立ちました。
170226_2241~01.jpg

型紙を採ってスエード調のコーラル色の布を貼って温かみのあるソファに変身
170226_2243~01.jpg

さらにレース付の薄いピンクのカバーをかけて、いかにも…なソファが出来ました。
170226_2245~01.jpg
ふう、こんな工作に4日もかかった。

さて、出来上がったところで人形を座らせてみると…、あれ?なんで2人座れないの?なんか一人用のゆったりソファになってるんですけど…。うーーむ。  というわけでお店では2人が立ち一人が木の椅子に座っています。
nice!(2) 

展示の様子は… [人形]

銀座の人形専門店「銀座人形館エンジェルドールズ」さんに私の作品を展示してきました。3日からのフェアです。一日一日春めいてくる今、銀座の早春を楽しみながらついでに寄って頂けましたら…。
170301_1929~01.jpg
nice!(1) 

アニバーサリーフェア展のお知らせ [人形]

銀座の人形専門店エンジェルドールズさんの開店記念のイベント「アニバーサリーフェア展」に私も参加させて頂くことになりました。素敵な店内にはたくさんのお人形たちが、洋の東西を問わず展示されていますので、併せてお楽しみいただけるのではないかと思います。
私はスクールボーイ2体と画像の緑のベレー帽のスクールガール1体の計3体の展示です。
●アニバーサリーフェア展
会場:銀座人形館エンジェルドールズ 中央区銀座7-9-16銀座ロータリービル2F
会期:2017年3月3日(金)~11日(土) 11:00~19:00(9日は定休日です)
電話:03-5537-5534
16グリーン2.JPG
nice!(1) 

水門発見 [日常]

多摩川の河口の近くまで自転車で出かけました。同じ道をたどって帰るのも曲が無い…ということで多摩川土手を走ってみることに。多摩川の土手は会社員時代に同僚たちとお花見したり大田区の花火大会を楽しんだりでなじみが深いけどここまで海に近い下流まで来たのは初めて。多摩川河川敷はグラウンドや公園があり、のんびりした良い環境。気持ちいいなあ…なんてノロノロ走っていたらレトロな水門発見!
170221_1552~01.jpg
まだ現役なんでしょうか?でも水門の内陸側の水路には屋形船みたいなものも浮かんでるってことは開け閉めしているって事?水門の上部のライト…と言うよりランプと言いたい…もとても素敵なデザイン
170221_1557~02.jpg
ときどきこういった水路の名残を見つけることがあります。水路だらけだったころの東京に会って見たいなあ。
nice!(2) 

大掃除は三文の得 [日常]

ぶんかとうさんに人形を送ってほっと安心したら、ガッシャンと「大掃除モード」にギアが入りました。模様替えではなく大掃除なので見た目は大して変化が無いのですが、棚に詰め込まれたものを取り出しいらないものを整理し、整頓し直し、「埃を逃さずキャッチする」というモフモフで拭き拭き。床の隅っこや棚の下で安穏と暮らしていた埃たちには大迷惑な事だったでしょう。さすがにモードの持続が切れてきた頃、ふと棚の上の袋に気が付きました。開けてみると小ぶりな魔法瓶!
 しまいこんでいて持っていた事すら忘れていました。ちょっと前から小ぶりな魔法瓶が欲しいなあ…とホームセンターなどを物色していた私。さっそくきれいに洗って使い始めました。
170220_1841~01.jpg
nice!(2) 

お年玉 [日常]

「そういえば、とっくに発表されてるなあ」と年賀状の番号を見てみると…。1枚当たってました!切手!!
私が当たった最後はいつだったかしら?年末に発売されているのと同じデザインの、はがきと封筒用の切手が一枚ずつの組み合わせだった。今回もそうなんだと思っていたら違っている!しかも台紙にはカワイイステンシル模様の切り抜きも。随分凝ってるのね。切手を集めるのはやめたんだけどこれはコレクションブックに入れておきましょう。
170216_1526~01.jpg

nice!(0) 

2017創作和人形展のお知らせ [人形]

福岡のギャラリーでのお人形展に今回も参加させていただくことになりました。
私の作品はドレスなんですが、生地が「和」という事での参加です。
●2017創作和人形展
会場:ギャラリーぶんかとう 福岡県行橋市西泉7丁目16-21
会期:2月25日(土)~3月5日(日)
入場料:300円
17ぶんか春.JPG

nice!(0) 

京へ送り出す [人形]

黒いレース付のヘッドドレスを着た少女の全身はこんな。京都にある人形のお店「昔人形青山」さんに向けて旅立って行きました。これから京都は美しい花が次々と彩る華やかな季節を迎えます。京都へお出かけの際には昔人形青山さんにも足を延ばしてみてくださいね。
紅いドレス.JPG
nice!(0) 

ヘッドドレスを作る [人形]

ドレスのお直しのついでにヘッドドレスを作ってみました。気持ちが荒むとか言っている割にこんなものを作っている私…。
170204_1839~01.jpg
nice!(0) 

服作りは、やっぱりヘトヘト [日常]

一月中、大してブログも書かずに何をしていたかというと、リメイク服作り。着物に疎いので判別できないんですが、綸子?繻子?どっちかだと思われる着物を入手したまま塩漬けになっていたのを、洗って解いてロング丈ブラウスに直しました。紬でも作ったことがあるのでいくらなんでも10日もあれば出来るだろうと思っていたら、縫いにくい事この上なし。ってか、パターンを布に印付けする時点ですでに大渋滞。私、やっぱり柔らかくてゆるゆると形が定まらない布って嫌いだわぁ。
とはいえ始めちゃったので何としてもゴールにたどり着かないと、途中のままにしても置けない(どんどん布が解けていくし)と、毎日毎日焦りまくりで泥沼お針子生活。個展前の悪夢再開。
気持ちはだいぶ荒みましたがなんとか一月中に完成できました。 もうしばらくはお針子生活は嫌なんですが、人形お嬢様のドレスの直しが2件控えているので、まだまだ気持ちは荒み続ける…。
170201_1454~01.jpg
nice!(0) 

棚からフグ刺し [ア−トとの遭遇]

「一緒に行くはずだった人の都合がつかなくなっちゃったので」ということで誘われてしまいました、NODA・MAP公演”足跡姫”。キャストは宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太、佐藤隆太、鈴木杏、池谷のぶえ、中村扇雀、野田秀樹。ええー!ゴーヂャス!!行きます行きます、池袋!  見終わって…大満足。面白かった~。テンコ盛りのお話が疾走して疾走して最後まで一気に突き進んでいく。舞台美術や衣装もとてもきれい。ああ、このラッキーは棚から「牡丹餅」なんてもんじゃない、フグ刺しの大皿が一糸乱れず落ちてきたってもんだわね。満腹~!。
170128_2211~01.jpg

nice!(1) 

ラジオから [人形]

朝のNHKラジオからシモン先生の声が!ゲストで招かれて1時間ほど色々なお話をしていました。御歳70を過ぎても最前線で制作を続けているってすごい。教室に通っている頃はたくさん楽しい思い出を作ってもらいました。先生自身の豊かな体験が私たち生徒にも降り注がれていたのかな。教室で先生といろいろな話をしていた頃がよみがえるひと時でした。
170120_2250~01.jpg
nice!(1) 

本格的にスタート [日常]

穏やかな暖かな年末年始でした。さて今年の作業の優先順位を決めよう!……と年始に当たり計画しようとしたのに、ここから思考停止状態。あれ、もう一月の1/3終わる?10日間何してたんでしょう。  こんな私、でも一つだけ本格的にスタートした物が。それは花粉症。尽きることのない鼻水のため鼻の下がもう痛くなってます。そうか、だからいつもよりも増して考えがぼんやりしているのか!いや、納得している場合じゃないよ。明日は柔らかいティッシュ買ってしゃんとするぞ!
161231_1637~02.jpg
nice!(0) 

ごーぢゃすケーキパーティー [日常]

金曜日の夜、3年ぶりぐらいに「スイーツ男子」のクリスマスパーティーに呼ばれました。この日記にも何度かその方のパーティーの様子を書いたことがあるんですが、今回もすさまじいほどのケーキ、ケーキ、ケーキ!
今回のケーキは…撮影漏れも多数あったようですがこんなでした。
161223_2000~02.jpg161223_1822~01.jpg161223_2001~01.jpg161223_1959~01.jpg161223_1959~02.jpg

人形教室が終わってから駆け付けたので、私は途中参加。到着前に既に5台のケーキが参加者の胃袋へ。5台のケーキを食べつくした参加者は既に帰った後。私はその後参加した人たちとの後発チームだったわけですが「ではケーキをお披露目します!」とカットする前のケーキをすべて事前に見せてもらうと…12台!!!彼が買い集めたケーキは17台だった!
相変わらずクオリティの高いケーキのオンパレード。美味しい!でも苦しい(お腹いっぱいで)!7台目ぐらいで私は終電が迫って来たので会場を後にしたのですが…今思えば蜂蜜をかけて食べるチーズケーキを味見したかったなあ…なんて未練も。
意地汚い感想はともかく、人形が私をたくさんの人達と逢わせてくれ(ケーキパーティー主催者は人形展のお客様)、遠い場所に連れて行ってくれ、色々な体験をさせてくれるのだなあ…としみじみする今日はイブの日。
nice!(0) 

余韻 [日常]

個展の期間中に頂いたお花たち。乾燥する会場でけなげに咲き続けてくれました。盛りかごのお花でまだまだ元気なものをアレンジし直して、鉢花と共に置いて個展の余韻を楽しんでいます。
161219_1429~01.jpg
nice!(0) 

アートマルシェ2016展のお知らせ [ア−トとの遭遇]

急なお話なんですが、ギャラリー銀座一丁目(私の個展会場だったギャラリーです)さんの年末企画アートマルシェ(フランス語だとアールマルシェなのかな?)展に参加させていただくことになりました。なにせ急なお話なのでDMには私の名前は載っていませんが。
161213_0003~01.jpg

着ぐるみのチビちゃんビスクが引き続き登場します。おお!丸い透明パッケージに花とリボンが飾られている着ぐるみチビちゃんは、まさに企画意図の冬のプレゼントにぴったりなのでは?(いつもの手前味噌)

Art Marche' 2016
会期:2016.12/22(木)~26(月) 12:00~18:30(最終日17:00まで)
会場:Gyallery銀座一丁目 中央区銀座1-9-8奥野ビル4F
※約20名の作家たちがキラっと素敵なアクセサリーや小物などを展示販売します。銀座のクリスマスを楽しく散策しがてらお立ち寄りください。
nice!(2) 

ありがとうございました [人形]

個展に足をお運び頂いたお客様、ありがとうございました。いつも来ていただくお客様にまた会えるのも嬉しいし、初めてのお客様に喜んでいただけるのも嬉しいし、個展はやっぱり楽しい! しかも関西の人形展で親しくお話しさせて頂いたお客様の何人かが、わざわざ来てくださったのは格別嬉しいです。便利になったとはいえやはり関西は遠いですもの。
 個展期間中にあったことなどブログに書きたいことは山ほどあったのですが、搬出してから作品やこまごまとしたディスプレイ用品などを片づけるのに今日までかかってしまいました。個展をやっていたのが遠い昔みたいな気分です。ではでは会場風景の画像を。
まずは今回のテーマとなっている日本とアルメニアコーナーです。日本の物とアルメニアの物との共通するものや、お互いを想う心についての作品です。
PA0_0017.JPGPA0_0018.JPGPA0_0019.JPGPA0_0020.JPG

よりオシャレになったスクールガール、スクールボーイたち
PA0_0022.JPG

新作の少年少女胸像
PA0_0023.JPG

チビちゃんビスク。
PA0_0013.JPG

人形教室宣伝のために生徒さん達にも一肌脱いでもらいました。
PA0_0016.JPG


最終日に、なんと!駐日アルメニア大使であるポゴシャン閣下が見に来て下さいました!!大きなホールなら適正サイズの閣下ですが、まじかで拝見するとフツーのおじさんの3人前以上はありそうな巨体。背も高ければ幅も奥行きもある閣下が一人いるだけでギャラリーは満員状態。1Fでやっていた時だったら閣下は多分部屋には入れなかったな、きっと。
PA0_0015.JPG
nice!(1) 

16個展作品11 [人形]

ぎりぎりまで手直ししていた衣装、やっと出来ました。スクールガール2人。衣装を直していたらベレー帽を被せたくなりました。ベレーってなんだか「おフランス」っぽい雰囲気が出ますね。元々はイギリスかドイツあたりのお嬢様をイメージしてたんですが。
16グレー.JPG16グリーン.JPG

その他、新作と合いそうな旧作も併せて展示しますので、私の個展のおなじみの方には懐かしい子が、新しいお客様には「こんなのも作っていたのね」と、楽しんでいただけるのではないかと思います。
nice!(1) 

16個展作品10 [人形]

オーダーを頂いた少女胸像。個展会期中にお迎えに来ていただけるという事なので最終日まで会場にはいなさそうです。ピンクっぽい紫の髪は私が染めてみました。リボンの質感も少女の柔らかな感じに似合ったように思うんですが(←手前味噌ってやつ)。
オーダー.JPG

いつもなら個展前の今頃はすっかり準備を整えていたのに、なんと今回はまだ衣装の手直ししてます。急いでも急いでも一向に進まない作業…。これって「悪夢あるある」の状況。ひゃーー!ホントにこれが夢であってくれたなら。いや、愚痴っている場合ではない、間に合わせます。
nice!(0) 

16個展作品9 [人形]

16少年胸像/星座の少年  以前に作ったターコイズの冠少年とは別者。より冠のターコイズ色との馴染みを良くしてみました。「星座の冠」というイメージのシリーズだったのだけど、冬の夜空のオリオンが煌めくこの時期にこそピッタリな作品たちだったのね。
16星冠.JPG

nice!(0) 
前の30件 | -